twitterのクローンたち

日本でもいくつか twitter クローンが立ち上がってきましたね。

個人的には、こういうクローン(ぱくり、デッドコピー)ってどうなのよ?と思っていたのですが、これはこれで「あり」のようです。

» TechCrunch Japanese アーカイブ » Frazr―国際化は「いち早く実行した者勝ち」

この記事によると、Facebookのドイツ版である StudiVZ は、なんと 1億ドルで買収されたそうです。すごい!!付加機能なんてつけずにオリジナルそのままでも、とりあえず流行らせたもん勝ちということなんでしょうかね。

この経緯があるせいか、ちょっと調べてみたらドイツにも twitter クローンはいっぱいありました。

見た目だけでもずいぶんと差があるな・・・

しかし、他国がこぞってクローンを作るようなおもしろいサービスを次々と生み出すアメリカのWeb業界ってのは、やっぱりすごい。世界的にブレイクするサービスをベンチャーが立ち上げようと思ったら、アイデアや技術力だけじゃダメで、資金や経営力が不可欠です。アメリカではそれらをうまくマッチさせる仕組みがしっかりとできあがっていると、先日ETechに参加して感じたのでした。日本の事情はよくわからないんですが、どうなんですかね??

twitterのクローンたち」への8件のフィードバック

  1. matsuo

     資金面でいうと、たとえば銀行は、”そういう会社”にカネを貸す、という発想はかなり低いですね。とはいっても、「金余り」なので、出資したがるファンドや、エンジェルはたまにいるとは思うのです。但し出資者と調達者のマッチングは、まだまだ土壌がないと思います。
     また、”そういう会社”を買うM&A資金として、既存の会社にカネを貸す、という発想は銀行にあると思います。
     もっとも”そういう会社”を買おうとしてる会社は十分資金力あるので、銀行の出番はあんまりないのですが。
     軌道に乗るまでは地縁にでもなんにでも頼って事業をつなげて、ビックネームの会社に買ってもらうのがひとつのゴールだとは思います。
     googleがyoutube買う例が、わかりやすいと思います。
     某R社にまるごと買ってもらうサイトを目指す、というのがさらにわかりやすい?!

    返信
  2. Yoshihide

    @matsuo
    コメントありがとう。ETechで日本のVCの方と知り合いになったんだけど、日本のVCってどれぐらいの数があってどれぐらい盛り上がってるのか知ってる?
    あ、そういえば、結婚おめでとう。

    返信
  3. ピンバック: tommy’s input/output statement. » links for 2007-05-12

  4. matsuo

    あ、ありがとうございます。
    日本のベンキャピの中小企業への投資の伸び悩みが
    課題視されて久しいですが。実際のところなんぼのものなのか、
    よくわからんです。
    (なんかレポートあったかなあ。探してみるすけど無かったら寸ません)

    返信
  5. Yoshihide

    @matsuo
    日本のVCの投資額が1社あたり500~600万5000~6000万に対して、
    アメリカは新規投資で5億、追加投資で10億か・・・
    投資額からしてずいぶん違うんだなぁ。

    返信
  6. matsuo

    あ、50百万円は、5千万円す。500百万円は、5億円す。

    p.3
    > 興味深いのは1社当たり投資金額で、
    > 国内はほぼ50~60百万円であるのに対して海外、
    > 特に欧米は約2億円とかなり大きくなっている

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>