トイカメラ「VQ1005」が楽しい

先日、デジタルなトイカメラ VISTA QUEST VQ1005 | BLOG × WORLD ENDING で紹介されていた「VQ1005」というデジタルトイカメラを衝動買いしてしまいました。(ちなみに購入は、楽天市場のプロキッチンというお店を利用しました。)

トイカメラというと、LOMO や HOLGA が有名ですね。安っぽくておもちゃ(トイ)みたいだけど「味のある」写真が撮れると言うことで人気があるようです。この「VQ1005」はそのデジカメ版です。トイカメラだけあって、普通のデジカメとは大きく異なります。詳しくは、redpop accidents/ VQ1005 | Genie III world を見ていただくとして、特徴をざっと挙げてみると、

  • デジカメだけど液晶モニタがついていない。
  • 一応ファインダーはついているが、覗いた構図で撮れるわけではない。つまり飾り。
  • ボタンを押してからシャッターが切れるまで3、4秒かかる。
  • たまに失敗して撮れていないこともある。
  • 要するに、どういう写真が撮れているのか、そもそも撮れているのかどうかすら、パソコンで確認するまでわからない。
  • しかも、内蔵メモリに溜めていた写真は電池(単4×1)が切れると消滅する。
  • さらに電池が切れる前に交換しても、3秒以内で作業を終わらせなければやはり消滅する。
  • おまけに電池の減りはすごい。
  • 電源OFFでも電池は消耗します。しばらく使わないときは電池を抜いておくと吉。ただし内蔵メモリは消滅する・・・
  • 従って、SDカードは必須。

というろくでもない感じなんです。値段は4~5000円と普通のデジカメと比べると安価ですが、これが高いと感じるぐらい、しょぼいです。

ところがどっこい、こんなマイナス要因も吹き飛んでしまうぐらい、非常に「味のある」写真が取れるのです。素人の私でもこんな写真が取れました。

IMG_0006

IMG_0005

IMG_0007

IMG_0014

いかがでしょう?なんでもない風景なのにすごく雰囲気のある写真になりました。

こうなると、「どんな写真が撮れたのかわからない」という点が逆に魅力的になります。パソコンにつないで確認するまでがすごく楽しみです。気軽に持ち運べる大きさなので、常に持ち歩きたくなります。実際、結構人気があるみたいで、Flickr には Vistaquest VQ1005 & Genie III Keychain Cameras という専用のグループもあります。どんな写真が撮れるか興味のある方は是非見てみてください。

実は、4月に2週間ほどハワイ(カウアイ島)への旅を計画中なのですが、ハワイのオールドタウンなんかをこのカメラで撮ったら、いい写真が撮れるんじゃないかと期待しています。

[追記 2008-02-26]

今朝10枚ぐらい撮ったのに、さっき確認したら1枚も保存されていなかった・・・ディスプレイのカウント数は増えてたのになぁ。SDカードを初期化したら直りましたが、旅行中だったら相当ショックだろうな、これ・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>