MacBook を買ってやったことまとめ

先日、念願だった MacBook を買いました。初めての Mac です。Windows からのスイッチなので、最初はアプリケーションのインストール方法すらわからず、戸惑うことも多かったんですが、2週間ほどしてようやく手に馴染んできました。

いろいろと環境設定を変えたり、アプリケーションをインストールしたので、忘れないように作業のログを残しておこうと思います。

購入した MacBook の仕様

  • Mac OS X 10.5.6
  • CPU: 2.4GHz Inter Core 2 Duo
  • メモリ: 2GB
  • HDD: 250GB
  • キーボード: JISキーボード

カスタマイズは一切していない、プレーンな構成です。本当は、USキーボードがよかったんだけど、予算が・・・メモリやHDDは必要性を感じたら増設する予定です。

バッテリーの儀式

「バッテリーの儀式」というものがあり、最初にやっておいたほうがよいと耳にしたので、Apple のサポートページを見ながらやってみました。

効果のほどは不明ですが、Apple が

初めてコンピュータを使う際および使い始めてから数カ月ごとに、この再調整を実行する必要があります。

といってるんだから、必要なんでしょう。数カ月ごとかぁ。忘れそうだなぁ・・・ちなみに、Google で「バッテリー 儀式」と検索すると、上記のサポートページが1位でヒットします。「儀式」なんてワードは入ってないのに。Google すげぇ。

コンピュータ名の変更

最初、あまり考えずに長いコンピュータ名をつけたら、ターミナルでの表示が冗長だったので、[システム環境設定] – [共有] で短い名前に変更しました。

Bluetooth の自動検出解除

Bluetooth は今のところ使わないし、自動検出させてるとバッテリーを消費しそうなので、[システム環境設定] – [Bluetooth] で OFF にしました。

トラックパッドの設定

あまり手を加えすぎると、他人の MacBook を操作するときに戸惑うので、「1本指の操作」の「タップでクリック」だけチェックしてあとはデフォルトのままにしてます。

キーボードの設定

ブラウザでフォームの入力をするときに、Tabキーでフォーカスを移動させてたら、ボタンに移動しない!何それ?!と思ったら、設定で変更することができました。これはデフォルトになってていいんじゃないの?

[参考サイト]

とりあえずインストールしたアプリケーション

Firefox
必須。
DropBox
これも必須。Windows からデータを移行するのにも役に立った。
Mozy
バックアップ用。Time Machine はバックアップ先の外付けHDDをまだ買ってないので・・・ちなみに、MozyHome Free だと1つのアカウントで2台のコンピュータまでバックアップ可能です。(Mozy については、こちらのエントリもご参照ください。)
QuickSilver
ランチャー。Windows では bluewind を使っているので、似たような操作感かつかっこいい見た目が good。
AppCleaner
アプリをきれいにアンインストールしてくれるツール。いろいろとアプリを試すことになるので。
Growl
定番らしいので。というか、Dropbox か Mozy をインストールしたらついでにインストールされた。
KeyRemap4MacBook
「かな」キーだけで、「かな」→「英数」、「英数」→「かな」の入力モード変更をしたかったので。
The Unarchiver
定番らしいので。

最後に

これまで、Windows にそれほど不満がなかったので、まわりから「WinからMacにスイッチしたらもうWinに戻れない」という話を聞いても半信半疑だったのですが、実際にスイッチしてみると、確かにWindowsには戻れない感じです。特に開発者にとっては理想的の開発環境だと思います。いやー、満足満足。

MacBook を買ってやったことまとめ」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>